超絶スキルの発動

一般人とは違うヲタクの超絶スキル【中級編・見た目編】

あなたの周りに「やたら能力が高いヲタク」っていませんか?
ヲタ歴20年ぐらい、毎月1回以上は2.5次元の舞台やイベントに通うさとちです。

一般的には「ヲタク」と聞くと、コミュ障だったり暗い性格の人をイメージされがちだと思うのですが、最近のヲタクは何かとすごいんです。
私自身ヲタクなので周りが同士ばかりなんですが、一緒に遊んだりしているうちに「こいつ何者…?!」と思うことが多々あり、そこにシビれる憧れるゥ!な能力を持った友人に囲まれていることに気づきました。
そんなわけで、「すごい!」と感じたヲタクの超絶スキルについてお届けします。
もちろん全員に当てはまるわけではないので、その点はご了承ください。

中身編

情熱あふれるプレゼン能力

自分の好きな作品、好きなキャラクターに対する情熱が溢れ出てしまうのがヲタク。
好きになった理由や魅力的なところを人に話して、共感して一緒にハマってもらえたら嬉しいですよね。
どうやって話したら興味を持ってもらえるか、自分の気持ちを分かってもらえるか、日々試行錯誤しながらプレゼン大会が行われたりします。
ただし、好きすぎると語彙力が著しく低下し、「尊い…」しか言えなくなることもあるので、その時はあたたかく見守ってあげてください。

歩く辞書!専門家なみの知識量と暗記力

アニメや漫画を見ていてわからない言葉が出てきた場合、すぐに自分で調べるので、いつの間にか膨大な知識量が蓄えられています。
そんな人に質問したりすると、専門家ですか?っていうぐらい詳しく教えてくれたりします。
例えばイラスト描きさんや同人誌を描いている人は、色がもつ意味を考えて配色したり、目的によって紙の種類を選んだり、各印刷所の長所短所を知っていたり。普段生活をする上ではなかなか知り得ないことを驚くほど熟知しています。
暗記力もすごいです。学校の授業で習うことは覚えられないけど、自分が好きなアニメやゲームのキャラクターや必殺技名は全部覚えてる!という人もいると思います。

数ヶ月先のことまで考えたスケジュール管理能力

仕事をするうえで締切はつきもの。締切を過ぎてしまうと上司やお客様の信頼を失ってしまったり、遅れを取り戻そうと業務時間外に仕事をしなきゃいけなくなったり……無駄無駄ァ!!な時間がどんどん増えていきます。
毎日やることがあって忙しいヲタクにとっては、そんな時間あったらアニメ2、3話分見れるのにもったいない!などと思ってしまうわけです。
自分の好きなアニメをベストな状態で見るために、いかに効率よく仕事を終わらせるか。
そんなことばかり考えて行動しているうちに、「目標を立てたら逆算してスケジュールを立てていく」という能力が自然と身につくのです。

事務処理が速い

特にドルヲタや2.5次元俳優沼の方に多いと思います。新幹線や飛行機のチケット、ホテル予約などがスムーズに行える人。
自分の推しに会いに行くために何度も遠征をしているうちに、交通手段や宿泊先の手配に慣れていくのです。
予約に使う手段は主にPCやスマートフォンが主流のため、そういった事務作業への抵抗がなく、しかも速い。
事務職にも活かせるスキルが身につきます

老若男女問わず交流が盛ん

友人と一緒にイベントやライブなどに行くと、友人の友人に出会うことがあります。
初対面の人と話すなんて無理!コミュ障だし絶対無理!!と思っていても、いざ話してみると自分と同じ作品が好きだったり傾向が似ていたり……あれ?いつの間にか仲良くなってる!というパターンも。
ヲタク関連のイベントやライブに遠征して参加しに来ている人も多いので、遠くに住んでいる人や、年齢も職業もバラバラな人との交流が盛んになります。

見た目編

「痛バ」で推しキャラアピール

「痛バ」をご存知のかたも多いと思いますが、ヲタクがよく持ち歩いている痛いバッグのことです。
例えばこんな感じのもの。

自分が好きなキャラ=「推しキャラ」のグッズを集めてトートバッグなどにくっつけまくり、「○○推しです!」というアピールができるものとして、主にヲタク女子に人気のアイテムです。お金も時間もかかりますが、必要なものが揃って完成したときの達成感はたまらないです。
最近はこの痛バのクオリティが非常に高いものが多くてびっくりします。なんかもうバッグの布地とか見えないですね。もはや芸術の域。愛しかない。

引用元 : http://jin115.com/archives/52170698.html

ちなみに私の痛バはこちら。
レジェンドたちには及びませんが、じわじわとデコり中です。

さとち痛バその1
さとち痛バその2

二次元キャラのお誕生日祭壇

祭壇(さいだん, ラテン語: altare, 英語: altar)は、神や精霊、死者などに犠牲や供物を捧げるための壇。

引用元 : https://goo.gl/qw2AJv

二次元キャラの誕生日になると、主にTwitterでハッシュタグと共に流れてくる「お誕生日祭壇」の画像とツイート。
痛バ同様すごいことになってます。

また、こういったヲタクたちを応援するかのように、キャラクターの絵が入ったケーキを販売している業者もあります。同じ作品やキャラが好きな人同士で集まって、盛大にお誕生日会をすることも。

プリロール公式サイト

引用元 : https://nijimen.net/topics/5914

自作しちゃう人もいるみたいです。もうほんと何者なんですかすごい。

まとめ

ご紹介したこと以外にも、ヲタクが持つ素晴らしい超絶スキルは多数存在します。
ヲタクが身につけた能力は学校や仕事にも活かせるし、人生も楽しくなるし、いいことだらけです。

ヲタクの一番すごいところは、「自分の好きなものが明確であり、夢中になれる」ということだと思います。
心の底から楽しめるものがあるのは、とても幸せなことです。
学校や仕事がつらくても、好きなキャラに愛を貢ぐためにがんばる!なんてポジティブに思考変換できたりもします。
これからも身につけたスキルを活かして極められるところまで極めていきたいですね。

こちらの記事もオススメ

  1. サザエさん症候群
  2. 進撃の前田
  3. クラナドは人生

最近の記事

  1. クラナドは人生
  2. 新キャラ参戦
  3. 『スキマナース』の画像を使って物語を作った
  4. カオスな商品

オススメ記事

  1. タケコプターVSどこでもドア
  2. リア充OR非リア充
  3. デグーとモモンガ
  4. Z級サメ映画
  5. 進撃の前田
PAGE TOP