カープ女子が知らない昔のカープ

ファン歴20年が語る、カープ女子が知らない昔の広島カープの魅力

ファン歴20年が語る、カープ女子が知らない人気がなかった頃の広島カープの魅力

「キタァー!!」

どうもEMO CUBEの燃える闘魂ことしがです。
ボクは野球が大好きで、いつもテレビにかじりついて応援しています。
好きな選手がホームランを打った時には武道館でロックしているヴォーカルくらい叫びます。
(お隣さん毎度うるさくてすみません)

ちなみにボクの好きな球団は『カープ女子』で話題の広島カープです。
今年も無事優勝が決まり、喜んでおります。

カープを応援し続けてはや20年経ちますが、カープを好きになったのは『赤色が好き』というシンプルな理由でした。

最初はなんとなく応援していましたが、だんだんカープの魅力に魅せられていき、
現在は『NO カープNO ライフ』という状態です。

燃える闘魂を持つ漢の後ろ姿

今でこそカープは人気球団となりましたが、実は昔はめちゃくちゃ弱くて全然人気がなかったんです。
そこで今回はカープファン歴20年のボクが、人気がなかった頃のカープの魅力や特徴についてお伝えします。

ちょっと前まではレアな存在だった「カープファン」

レアキャラ

最近では、かなりカープファンが多くなりましたが、10年くらい前まではボクの周りにカープファンはほとんどいませんでした。
地元広島では熱狂的なファンがたくさんいましたが、関東ではほとんどの人が『ジャイアンツ』のファン。
しかも、去年優勝するまで25年間優勝していなかったことからわかる通り、“超”がつくほど当時のカープは弱く、広島に縁もゆかりもないのにカープを応援しているのはネタ的な存在でした。

友達との会話

友達:お前野球どこファンなの?
しが:え、広島カープだけど。
友達:え?まじで?ウソだろ?
しが:いやマジだよ…。
友達:うひゃ~ウケるwwwまじかよお前www
しが:いや、全然ウケねぇし。
友達:マニアックすぎるだろwww
しが:………。

このようなやりとりがあっても、ファンを辞めようとは思いませんでした。
だってカープが好きだから!

プロ野球で唯一の市民球団

唯一の市民団体

カープはプロ野球で唯一の市民球団です。
つまり親会社を持たずに、資金力が他の球団と比べると少ないということになります。
最近では人気により資金力も豊かになってきましたが、ちょっと前までは“貧乏球団”と言われていました。

お金があるチームは凄いプレイヤーをどんどん引き抜いてこれますが、カープは自前で育てるしかありません。
選手が育ったら育ったで、資金力のあるチームに移籍してしまうことも多く、選手が活躍すると「あぁ、この選手も出て行ってしまうのかなぁ…」という不安が常にありました。

そうは言っても、やはり成長を見守ってきたファンは選手が活躍すると嬉しいものです。
この感覚はバトル漫画で弱かった主人公が修行をして、強力な敵キャラを倒す時のワクワクに似ているかもしれません。

攻撃にパラメータを振り切った戦力

脳筋

“バカ試合”連発、ノーガードの殴り合い

今でこそ攻撃も守備もしっかりしたチームとなりましたが、90年~00年代のカープは“攻撃こそ最大の防御なり”と言わんばかりのチームでした。

しかも当時は日本で一番狭い球団をホームとしていたこともあり、
普通の試合は2対4とか多くても7対8くらいのスコアにしかならないのですが、カープの試合だと11対15とか18対10とかバカ試合を連発していました。

※バカ試合とは
お互いのチームがボコボコに打たれて、到底野球のスコアとは思えないほど点が入った試合のこと。
ちなみに高校野球の記録ですが122対0というスコアの試合があります。

いつも胃薬が必要だった

カープファンは常に胃薬が必要でした。
得点は取るけども、その分取られてしまうのでいつも逆転される恐怖と戦わねばならないからです。

ちょっと目を離すと逆転されていることなんて日常茶飯事でした。
しかしそのスリルも魅力のまた1つ。

よくあるケース

=TV観戦中=
しが:よし、5回表で6対0。
今日は勝ったな!風呂に入ってこよう♪
=入浴後=
しが:さてさて、試合はどうなったかな?
実況:逆転!!カープついに逆転されました!
しが:ファッ!?うそやん!!
実況:さらに打った!!止まらない!!
しが:ほげっ…。

カープで鍛えられたメンタルは社会人生活で役立っており、ちょっとやそっとのことでは動じなくなりました。

ニュースの扱いが酷い

どっから持ってきたねんと言いたくなるニュースキャスターの画像

野球ファンの楽しみと言えば試合に勝った日のスポーツニュースを観ることなんですが、カープの扱いは酷いものでした。

紹介する時間が他のチームと比べて短い

基本的にスポーツニュースでは人気チームから紹介されていくので、大体カープは最後のほうでした。酷い時は「その他の試合は以下のようになっています」と一言で終わる時もあります。

勝った試合のはずなのに編集で微妙な感じになる

相手が人気チームだとカープが勝った試合にも関わらず最後まで相手が勝っているかのような編集が入り、最後に「なんやかんやあってカープが勝ちました」みたいな感じになることが多かったです。

逆にニュースで特集が組まれたりした時はもうお祭り騒ぎ。
日常のちょっとしたことで喜べるのもカープならではの魅力ですね。

野球ゲームで使用するとハンデ扱い

舐めプする少年とそれに付き合ってあげている少年

リアルがダメならゲームで憂さ晴らし!とはなりません。
友達と野球ゲームで対戦する時には必ずカープを選択していましたが、チームが弱いので当然ゲームの能力も微妙で、いつも苦戦を強いられていました。

野球ゲームで対戦中

友達:え?お前カープ使うの?
しが:そうだけど。
友達:オレのこと舐めてんの?
カープ使うとかハンデかよ…。
しが:は?なんでそうなるんだよ!
友達:まぁいいけど…。
=試合終了=
友達:いや~楽勝だね。
しが:も、もう一回!
友達:次はどこのチーム使うの?
しが:もちろんカープで!
友達:…まじか。

あまりにも悔しくて自分で選手を作成して『ぼくが考えた最強のカープ』を作っていたのは今となっては良い思い出です。

このように日頃からうっぷんが溜まっているので、試合に勝った時には最高の気分になります。
カープの1勝はどのチームよりも特別なのです。

今年こそは日本一

カープの選手はいつでも全力でプレーします。
資金力では他のチームに劣りますが、毎日一生懸命練習して戦っています。
彼らはいつも「ひたむきさ」を見せてくれ、ファンを喜ばせてくれるんです。

また応援団の熱も選手に負けず、どの球場に行っても熱い声援を送っています。
カープの魅力はそんな選手と応援団の一体感にあります。

The following two tabs change content below.
しが

しが

音楽と野球を愛する元外貨両替屋のバンドマンです。 顔の濃さ以上に内容の濃い記事を届けられるよう頑張ります!

こちらの記事もオススメ

  1. SUPER JJI BBA
  2. 満員電車のストレス解消法
  3. どうしても開国してほしい外国人
  4. 喫煙者VS非喫煙者
  5. 先延ばし魔
  6. 『スキマナース』の画像を使って物語を作った

最近の記事

  1. クラナドは人生
  2. 新キャラ参戦
  3. 『スキマナース』の画像を使って物語を作った
  4. カオスな商品

オススメ記事

  1. タケコプターVSどこでもドア
  2. 進撃の前田
  3. リア充OR非リア充
  4. Z級サメ映画
  5. DQN改造車を考察する
PAGE TOP