仕事スキルを数値化

【分析】自分の仕事スキルを数値化してみると改善すべき箇所がすぐわかる!

どうもライティング中は鬼の形相で画面を睨んでいるしがです。
仕事とは言え、長時間パソコンを見ているのはつらいです。

突然ですが、皆さんは自分の仕事スキルのレベルについて考えたことはありますか?
というのも、最近ふと自分の仕事スキルのレベルっていかほどなのだろうと思ったのです。

自分ではきちんと仕事をしているつもりなのですが、いつも何か足りない気がしています。
しかし、何が足りないかが具体的にわからない!

ネットで調べても抽象的なアドバイスが多く、どうやったら改善できるのかわかりませんでした。

ただただ自分の書いた記事を眺めていても何も始まりません。
何かいい方法はないものか…。

そう考えていると、何故か昔やっていた某野球ゲームの画面が頭をよぎりました。
そこでひらめいたんです。

「そうだ、ゲームみたいに自分の仕事スキルを数値化してみれば、視覚的にどこが足りないかわかるじゃないか!」と。

ということで今回は自分の仕事スキルを数値化して自分が改善すべき箇所を考えたいと思います。
またEMO CUBEメンバーの仕事スキルも数値化して、他人と比べて自分の良いところ、悪いところも発見できればと思います。

数値化する仕事スキル

基本能力

  • 行動力
  • 企画力
  • スピード
  • 管理力(人をまとめる力)
  • コミュ力
  • 丁寧さ
数値とランク
  • 8 = S
  • 7 = A
  • 6 = B
  • 5 = C
  • 4 = D
  • 3 = E
  • 2 = F
  • 1 = G

特殊能力

自分の長所と短所にゲーム風の名前をつけてみる
※青色は長所、赤色は短所、金色は究極の長所

実際に数値化してみた

しが

しがのステータス

分析

企画力とスピードはあるが、管理力とコミュニケーション力が低い。
まためんどくさがりなので、丁寧さが皆無。
いつも妄想ばかりでアイディアのストックはあるが、うまく説明ができないためなかなか形にできていない。

さとち

さとちのステータス

分析

能力は非常に高いが、管理力とコミュニケーション力が皆無。
内に秘めた闘志はどのメンバーよりもあるが、それが表に出ることはない。
チームプレーではなく、個人プレーで仕事をしていれば最強の企業戦士。

ゆうす

ゆうすのステータス

分析

行動力(物理)以外はどの能力も非常に高く、何事も器用にそつなくこなすキレイ好き。
しかし少年の心(厨二病)を持っており、空いた時間で無駄なものにクリエイティブさを見せたがる傾向がある。
行動範囲はネット環境がある場所に限られ、Wi-Fiが圏外になると全てのステータスがGになる。

ふじた

ふじたのステータス

分析

コミュニケーション力以外は平均的でバランスが取れている。
プレゼン時は人前に出ると会話ができなくなるほど緊張してしまい汗が溢れるのが難点。
誰が見てもカレーが好きの”本物感”があるため、カレーメーカーからヘッドハンティングされるのではないかと噂が出ている。

視覚化することでわかったこと

自分(しが)の改善すべき点

今後はスピードを落とさず、丁寧に仕事をすることが必要。
また自分のアイディアを誰もが理解できるように、うまく説明する努力をする。
壁にぶつかると逃げる傾向があるので、忍耐力をつける。

自分を客観的に見ることが大事

自分のスキルを能力値にしてみるとおもしろいです。
普段はそつなく仕事ができていると感じていても、他メンバーと比べると自分の改善すべき点が浮き彫りになってきます。
足りない部分が一目でわかるので、今後の自分がどう行動すべきかがわかりますね。
また仕事メンバーの能力も視覚化することで、それぞれの長所と短所を把握でき、今後の仕事の振り分けもスムーズになります。

皆さんも時間があれば、仕事スキルを数値化してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
しが

しが

音楽と野球を愛する元外貨両替屋のバンドマンです。 顔の濃さ以上に内容の濃い記事を届けられるよう頑張ります!

こちらの記事もオススメ

  1. デグーとモモンガ
  2. 通勤電車はジョジョ立ち
  3. チョコミントが好きなおじさん
  4. できるゾンビになる!3つの方法
  5. リア充OR非リア充
  6. カオスな商品

最近の記事

  1. クラナドは人生
  2. 新キャラ参戦
  3. 『スキマナース』の画像を使って物語を作った
  4. カオスな商品
  5. ストリート系口喧嘩

オススメ記事

  1. デグーとモモンガ
  2. タケコプターVSどこでもドア
  3. リア充OR非リア充
  4. Z級サメ映画
  5. 進撃の前田
PAGE TOP